★Mr.白狐の『爆騰株はこれだ!』2017.12.21.Vol.242号

やあ、みなさん、こんにちは。今日は12月21日でクリスマスまであと3日と迫ってきました。
「今年はどこにクリスマスケーキ予約しようか?」とお悩みでしょうが、有名ケーキ店では「すでに今年の予約はいっぱい」というケーキ屋も多く、早めに予約しましょう。
我が家ではこの季節になると『シュトレン』というドイツ菓子を買って食べます。今年は芦屋駅のモンテメールにある「Bigotの店」というフランス人のBigotさん(文化勲章受章)が経営するお店で買い求め食べました。
一般に「シュトレン」発祥の地はザクセン州のドレスデンと言われているが、シュトレンの原点となる食べ物の最古の記録は、14世紀の1329年、ナウムブルク(Naumburg)の 当時の司教へのクリスマスの贈り物であるとされている。ドレスデンでシュトレンの名前が使われるようになったのは、ナウムブルクの記録から150年後である。
シュトレンという名前はドイツ語で「坑道」を意味し、トンネルのような形をしていることからこの名前がつけられた。生地には酵母の入った生地に、レーズンとレモンピール、オレンジピールやナッツが練りこまれており、焼き上げたケーキの上には真っ白くなるまで粉砂糖がまぶされている。その形が幼子イエスを産着で包んでいるように見えると言われている。
ドイツでは、クリスマスを待つ4週間のアドヴェント(待降節)の間、少しずつスライスして食べる習慣がある。フルーツの風味などが日ごとにパンへ移っていくため、「今日よりも明日、明日よりも明後日と、クリスマス当日がだんだん待ち遠しくなる」とされている[5]。西フランスのアルザス地方でも食べられ、地方の代表的な菓子とされている。
ドレスデンでは、クリスマス時期の第2アドヴェント前の土曜日に、巨大なシュトレンがパレードするシュトレン祭(Stollenfest)が開催されている。
日本ではじめて製造・販売したのは福岡の千鳥饅頭総本舗だと言われています。
・・・・・と言うことですが、今から15年前に京都の知り合いの某Aさんから初めて頂いたのが「シュトレン」との最初の出会いですが、それ以来、この季節になると毎年では無いですが時々買い求め家族で食べるようになりました。
それでは皆様も「シュトレン」で素朴な味を味わい楽しいクリスマスをお迎えください。今週号の送信です。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:このブロマガは、私=Mr.白狐が41年間の投資家経験と幅広い証券界人脈とずば抜けた知識で常に短期勝負の急騰銘柄を選んで掲載しています。部外秘で極秘であなただけが儲けてください、幸運を祈ります。<Mr.白狐>

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

兜麓人・Mr.白狐

Author:兜麓人・Mr.白狐
Mr.白狐”次の爆騰株を探せ!”FC2ブログへようこそ!
爆騰株を毎週こっそり教えます。どうぞ秘密で部外秘に!。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR